Blackboardで体験するkarfの家具

Blackboardでは、この7月からkarf(カーフ)オリジナル家具の一部シリーズを展示・販売することとなりました!

それに伴いBlackboardギャラリースペースでは、7月6日(土)〜30(火)の期間、
「karf Exhibition /Blackboardで体験するkarfの家具」を実施いたします。

Blackboardの本社であり、姉妹店のkarf(カーフ)は、1984年に創業。約40年に渡り、オリジナル家具のデザイン・販売をしてきました。西五反田から目黒通りに店を移してからは約25年。今年7月には、新天地となる代官山へ移転することとなりました。
karf移転について詳しくはこちら>>

karf_Slope1212

karfは新しい土地へ移転。Blackboardは2013年にオープンして昨年11月で丸10年。それぞれに大きな節目を迎えたこともあり、ここからまた新たな取り組みを始めます。

これからはビンテージ家具にkarfのエッセンスを加え、私たちだからこそできる”より素敵で、より快適”な住まいづくりのご提案をさせていただきたいと思っています。

私たちが掲げるテーマは
OLD MODERN FURNITURE(オールド・モダン・ファニチャー)」

karf_Exhibition202406
「OLD MODERN FURNITURE」を掲げるきっかけとなった、karf代表・島田夫妻のLA在住の知人宅。(1990年代撮影)

OLD MODERN FURNITUREとは、私たちの造語。
ここで意味するMODERN(モダン)は今現在のモダンを指すものではなく、あくまでも1950-60年代のモダンスタイル(家具の黄金期)に親しみを込めて命名したものです。そして、これこそがkarfの原点。

Blackboardで扱っているビンテージ家具の多くは、この年代に作られたものですが、作られてから60年以上経った今でも修復やメンテナンスを繰り返しながら現役で使われているものが多くあります。

ビンテージ家具の経年変化からくる風合いや素材感は、新しく作られたものにはない風格と存在感を感じさせてくれます。karfが世に送り出す家具も次の時代に受け継がれていくものであってほしい、karfの家具にはそんな願いも込められているのです。

Blackboardでは、今まで通り変わらずビンテージ家具を扱っていきますのでご安心ください!
ただ、NEWの商品が入ることで、ビンテージ家具だけを見るよりも、ご自宅での組み合わせイメージが湧きやすくなるかもしれません。これができるのはビンテージとオリジナル家具を扱っている私たちだからこそ。

これからは、karf共々、”家具を楽しみ、暮らしを楽しむ”をご提案できるショップであり続けられるよう、取り組んでまいりますので、ぜひ楽しみにしていてください!

karf_Exhibition202406

Blackboardで展示するkarfオリジナル家具は、Modular、Slope、TRUNK、などを予定しております。楽しみにお待ち下さい。家具の詳細はオンラインショップでご覧頂けます

karf
目黒店は6月末でクローズ。現在は代官山店7月オープンを目指し準備期間に入っています。新生カーフもぜひ楽しみにしていてください。
> karf Instagram

関連記事

  1. ウクライナ・チャリティイベント
  2. karf-blackboardオリジナルハンドソープ61
  3. Blackboard_トライバルラグ
  4. 小石原焼-小石原ポタリー01
  5. Blackboard_1月の新入荷
PAGE TOP