レ・クリントSPRING FAIR開催中!

レクリントペンダントライト

こんにちは、Blackboardです。
今日から休校というところも多く、世間はコロナウィルスのニュースで持ち切りといったところでしょうか。
多くのイベントの中止や行楽施設の休園など相次ぎ、みなさん大変な毎日をお過ごしのことと思います。
くれぐれもご自愛ください。

そんな中ですが、Blackboardは元気に営業しております!
よかったら、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

さてさて、現在Blackboardでは、デンマークの照明メーカーであるレ・クリントのSPRINGFAIRを開催しております。

2020年4月19日(日)までの期間、対象の照明器具(ペンダントライト)を10%OFFにてお買い求めいただけます。

レ・クリントといえば、プリーツと折り畳み紙で作られたシェードが特徴的。日本の折り紙から着想を得てデザインされたそうですから、日本の住宅との相性もとてもいいと思います。

店内にもレ・クリントのペンダントライトのほかにもブラケットライトや、スタンドライトなど多数展示がございます。

このほかも、シーリングライトやペンダントも。
ぜひ、店頭にてご覧ください!!

北欧の照明といえば、Louis Poulsen(ルイス・ポールセン/1874年)を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、次いでLE KLINT(レ・クリント)も大変人気の照明メーカーです。

レ・クリント照明の始まりは1900年頃。
デンマーク家具の礎を築いたコーア・クリントの父で、建築家のP・V・イェンセン・クリントが日本の折り紙に着想を得てデザインしたものですが、もともとは、自宅のオイルランプの光をやわらげるために作ったものでした。それを、クリントの息子たちが売り出したことによって、世に出回ることになったのです。

様々なものの成り立ちのきっかけは、快適性を求めたり、不便を解消したりすることから始まること多いですよね。要はいかにしてそういったことに気付けるか…ということでしょう。

“気づき”大事にしたいです。

Blackboardのインスタもぜひご覧ください↓↓

インスタリンク用画像

関連記事

  1. Blanc活け込み20200222
  2. サードセラミックスのイベント画像
  3. 山宮律子銅版画展
PAGE TOP